求人に応募するにあたって必要なことって何?

求人情報に応募する時は何が必要?

求人応募のマニュアルはたくさんあるけれど

子供のころ、よく「将来、何になりたい?」と幼稚園や小学校で聞かれる場面がありましたよね。 その時は深くは考えず、なりたいものを答えていたはずです。 なりたい職業を持つことはいいことではありますが、「あなたに向いている仕事」についても考えたことはありますか?

したい仕事とできる仕事

日本ではある季節にスーツ姿の大学生や専門学校生をたくさん見かけることができます。
新卒で一気に採用する企業が多い日本では、学生向けの情報サイトやイベントもたくさん開かれます。

そして書店に行くと、選考対策の本や履歴書の書き方の本のスペースがあり、それを読み込む人も少なくはありません。
実際に社会人になって採用する側になってみると、「あの時みんなで言い合っていた就活に関する情報ってあてにならないな」と感じた人もいるかもしれませんね。
しかし、就活する立場ですと、どんな情報も参考にしたくなりますし、「しない方がいい」と言われていることは些細な事でも気をつけるようになります。

転職では、多少以前の経験を生かして準備も効率よくしやすくなってきますが、
新卒の場合とは違う悩みも出てきます。
これまでの仕事に関してもきかれますし、退職の理由についてもきかれることにもなります。

とはいえ、本当に必要な応募のための準備ってどんなものがあるのでしょうか。
それは大きく分けると、自己分析、求人情報収集、履歴書だと思われます。
自分がどんな仕事をしたいのか、どんな仕事に向いているのか。
それを実現できる会社をみつけることができるのか。
見つけるための情報収集のための媒体は確保できているのか。
そして、自身のことが伝わる履歴書を準備できるか。
これは新卒でも転職でも十なことになってきます。

それぞれについてまとめましたので、参考の一例としてご覧になってください。

希望する求人情報を集める

応募する際は、できるだけ多くの情報の中から選べるようにしたいですね。 内定が出た後に、別に応募したい会社がでてきた!となると相手の会社にも失礼ですし、選考に費やした時間も勿体ないです。 情報の集め方を知っておき、応募の際に困らないようにしましょう。

書類選考で落ちないために

初期の選考で、履歴書のみの書類選考を行う会社は多いです。 会ってもいないのに選考から落ちるのは誰もが避けたいです。 しかし、採用担当者の話を聞いてみると、書類を見ただけで選考から落とすにも理由があります。 担当者は履歴書をどのように考えているのでしょうか。

TOPへ戻る