求人情報に応募する時は何が必要?

>

書類選考で落ちないために

履歴書の書類選考

採用担当者は何で履歴書での書類選考をするのでしょうか。
大学名をメインに見ているのでは?と学生のころは噂したものですが、実際に人事担当者に聞いてみると「全くの対象外の応募者を外すため」というものが一番多い理由のようです。
というのも、面談してみなければその応募者がどんな人物なのか分からないし、書類だけでは能力まで測るのは難しいからです。
経験者を募集している場合は履歴書でかなり絞りこむこともあるようです。

では、全くの対象外に思わせないことが重要になってきますね。
そうならないためには最低限の書類マナーを守ることが大切です。
印鑑の有無、提出日の未記入など、点検すれば防げるミスはなくしましょう。
また、内容は「伝えやすさ」を考えて記入しましょう。

内容が十分な履歴書を

採用担当者に聞くと、情報が不十分と感じる履歴書も少なくはないそうです。
「面談の時にきこう」と思ってもらえればよいですが、逆に「考えがはっきりしていないのであれば、採用後不安だ」とみられると次の選考に行くことさえできなくなっていまいます。

担当者が内容が不十分と感じる項目には、退職理由と応募動機が多いようです。
何故前の会社を辞めたのかという理由は転職後の定職率にも繋がると考えられています。
つまり、今後を考えた上で退職し、今後を考えた上での応募であったのかをしっかりと見極めたいということです。
これらがしっかりして、お互いのニーズが合致していれば、長く勤める人材になりますが、そうでなければまたすぐに辞めてしまうかもしれません。

応募動機も同じです。
一般的にはマイナスに思われるような応募動機であっても、理由付けがあり、担当者を納得させることができればいのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る