求人情報に応募する時は何が必要?

>

希望する求人情報を集める

求人情報を出す側からみると

逆の立場から考えてみましょう。
人材を欲している会社は、最も適した人物を採用するために予算内で求人募集をだします。
ハローワーク、大学や専門学校、派遣会社、マイナビなどの求人媒体などが挙げられます。
予算を低く抑えられるのが学校を通じての募集で、閲覧者は新卒や比較的卒業して間もない卒業生が多くなります。
新社会人が多くなるということは、即戦力というよりはじっくりと育てたいという企業側の考えも見られやすいです。
また、ハローワークではコストの低さや助成金の関係で、大手の求人サイトでは探しにくいような地元の企業が利用することが多いです。

逆に、求人媒体を使うと予算は高くなりやすいですが、様々な世代、地域の人に情報発信ができ、応募者を増やし、豊富な応募者から必要な人材を探すことができます。
新卒用と転職用とサイトを分けて運用している業者もありますので、求職者も必要に応じてみることができます。

情報収集

応募する際に必要なこととして、職種と共にどういった会社に就職したいかもはっきりとさせておきましょう。
とりあえずインターネットで調べている人はもっといろんな情報源を活用してみましょう。

地元の企業に就職したい、会社の規模は問わないのであれば、ハローワークもかなり有用な求人情報収集先になります。
ハローワークでは情報閲覧用のパソコンがありますし、求人情報を印刷できるようにもなっています。
地元でもある程度大きな会社をメインに探したい時、または都市部の求人情報をみたい時はインターネットで求人情報サイトを活用するとよいでしょう。

また専門的な職業の場合、それ専用の求人情報サイトもあることもあります。
専門性が高い分、こちらも細かく情報を絞っての検索もできます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る